水道水中の残留塩素はこんなに影響があった?!オススメ塩素除去アイテムは?

この写真を見てビックリしませんか?

浄水シャワーの効果って?植物で試してみた!

突然ですが、先日お花をもらう機会があったので、浄水された水と水道水で花のもちが違うが比べてみました。
毎日水を入れ替えて、どのぐらい綺麗な花を見せてくれるだろうと観察してみたところ、1週間ほど経過したところで元気加減に差が見られました。 残留塩素を除去するだけでこれだけの差がありました。色々な見解がありますが、塩素が入っている水道水は、土の中のミネラルバランスや微生物のバランスを崩す可能性があると言われています。改めて現在自分の使っている水道水を見直してみるのもいいなと思いました。

水は生活のあるゆるシーンで

水道水。あなたが1日生活する中でどのような時に使っていますか?
料理や食事、洗い物、洗濯、洗顔、お風呂。大事な家族の一員であるペットや植物。 蛇口をひねれば当たり前のように綺麗な水が使える日本は恵まれている。とよく言われますが、実際はどうなのでしょうか。

残留塩素とは?日本の水は安心できる水?

日本の水道水から流れ出る水は、生息する微生物や菌類などを死滅させるための殺菌・消毒のために塩素により消毒され供給されています。塩素処理を行った用水には塩素を多少残存させておかないと処理後に再度微生物や藻類、その他が生息して汚染します。消毒された水道水に混ざっている塩素量のことを残留塩素と呼んでいます。 水道法第22条では、衛生確保のため塩素消毒を行うことが定められており、残留塩素濃度は、水道法施行規則第17条第3項において、以下のように定められています。
「給水栓における水が、遊離残留塩素を0.1mg/L(結合残留塩素の場合は0.4mg/L)以上保持するように塩素消毒をすること。ただし、供給する水が病原生物に著しく汚染されるおそれがある場合又は病原生物に汚染されたことを疑わせるような生物若しくは物質を多量に含むおそれがある場合の給水栓における水の遊離残留塩素は、0.2mg/L(結合残留塩素の場合は1.5mg/L)以上とする。」 水質管理上留意すべき項目として、上限の目標値を1mg/L以下に設定しています。残留塩素が多いと塩素臭が強くなるため、おいしい水の観点から、各水道局は、目標値を0.3mg/L以上0.5mg/L以下程度に設定しているようです。 ちなみにアメリカやフランスでの塩素濃度は0.1ppm以下、ドイツでの塩素濃度は0.05ppm以下とされ、下限はありません。 またWHOに定められている水道水の残留塩素濃度の上限(生涯にわたり水道水を飲んでも人の健康に影響が生じない塩素濃度)が5mg/Lです。

どのような影響がカラダにあるの?

塩素は公衆衛生上大切ですが、塩素の持つ強い酸化殺菌作用が、実は人体に影響を与える可能性があると言われています。私たちの皮膚や髪を作っているタンパク質をボロボロに破壊する恐れがあるのです。塩素が含まれた水でシャワーを毎日浴びていると、知らず知らずのうちにどんどん皮膚や髪が影響を受け、肌荒れや髪の痛みの原因となっていきます。赤ちゃんの沐浴もガーゼタオルや低刺激の石鹸を使っていても、浴びるのは水道水。大切にしたいものを塩素の下にさらしているといっても過言ではありません。また、塩素と有機物が反応して生成されるトリハロメタンなどの発ガン性が指摘され、そうした物質を含む排水が生態系に与える影響も懸念されています。

目で見えるように実験してみた!

人毛がハイターによって溶けていく様子を観察しました。じわりじわりと髪の毛から小さな気泡とともに髪の毛の色素が溶け出してきました。また、30分経過後あたりから、髪の毛がちぎれ溶け出し、60分経過後には写真で比較して分かる通り、髪の毛の長さと量に違いが出ました。 もちろん水道水はハイターほど強いものではありませんが、この様子を見ながら髪の毛がパサパサになったり枝毛が出来たりする過程が分かった気がしました。  

オススメ塩素除去アイテムは⁈

除塩素シャワー水流

魅力がいっぱい!MIZSEI(水生活製作所)の塩素除去シャワーヘッド!

亜硫酸カルシウムやビタミンCではなく、天然素材の活性炭(ヤシガラ活性炭+繊維状活性炭)に不織布を巻いたフィルターなので、塩素を化学的にも物理的にも除去します。また鉄サビや水道水中の汚れも除去できるので安心です。 またランニングコストのパフォーマンスが良いので、経済的に仕上がっています。 フィルターは1人で使用(1日26分程度)で1年交換。フィルターの金額で割ると、月々300円程度でキレイな水を浴びることが出来ます。 機能から選べて、3種類の浄水シャワーヘッドを用意しています。

詳細情報・お求めはコチラから

公式SHOPサイトに進む

お問い合わせはこちら

 

株式会社水生活製作所 開発部 お問い合わせ窓口 TEL : 0581-23-0570 MAIL:information@mizsei.co.jp

参考

環境省:水道法関連法規等

https://www.env.go.jp/water/water_supply/hourei/suidouhou/index.html