冬の蛇口には危険がいっぱい。”もしも”の対策を。

シリコン〇〇


【目次】


1.蛇口の凍結破損とは

冬になると庭のガーデン蛇口(水栓)を少しひねっておく、というのをよく耳にします。これは「凍結破損」を防止するためのもの。
水栓の内部には常に水が溜まっており、ハンドルが閉まっていることでそれを食い止めています。その溜まった水が外部の寒気によって凍ってしまい体積が膨張することで蛇口が破損することを「凍結破損」とよびます。

寒冷地ではない地域でも”万が一”に備えて

一般的には凍結破損してしまうほどの被害が出るのは寒冷地です。ただし寒冷地ではそれを予防するための「水抜き栓」とよばれるものが当たり前に備わっているため、大きな被害になりません。
被害が出やすいのは「準寒冷地」や「寒冷地以外の地域で稀にみられる寒波」のとき。
対策がされていない家庭が多いため被害が出やすいのです。

2.蛇口マフラーとは

準寒冷地やそれ以外の地域の方にとって、わざわざ水抜き栓を備えるのは大変かもしれません。
そこでオススメしたいのが「蛇口マフラー」というもの。冬の寒さによる蛇口の凍結破損から蛇口を保護します。
価格も安価なので手に取りやすく使い方も簡単なので気軽に始めることができます。

3.蛇口マフラーの正しい使い方

一次側に巻く

「一次側」とは水道管から蛇口へ水が最初に入ってきた部屋のことです。蛇口をひねって二次側への扉が開いたときに、水が蛇口から出ていく構造をしています。
水を止めている間は、蛇口の「一次側」に水が溜まるため、ここを凍らせないようにするのがポイントです

引っ張って巻く

蛇口マフラーはシリコーンでできています。よく伸びるため、引っ張って伸ばすことでシリコーンが蛇口の表面と密着し、空気を入れないことで凍結破損を防止します。

重ねて巻く

蛇口の一次側の場所を隙間なく埋めます。よく引っ張って何度か重ね巻きすることが効果を生むコツ。

4.蛇口マフラーの小ワザ

シリコーンは収縮性・防水性に優れているため蛇口や配管に開いた小さな穴にきつく巻くことで、一時的に水を止めることができます
ちょっとした水漏れの際に一時的に止水することができます。ただし、水圧が高い場合には効果がありませんのであくまでも「ポタ漏れ時の応急処置」にもなりますよ、という小ワザです。

5.お問合せ先

私たちは岐阜県山県市の水栓バルブメーカーです。お問合せは開発部開発2課へつながります。お気軽にお問合せください。

    • 電話:0581-23-0570 (平日9:30~17:00)
    • メール:information@mizsei.co.jp
    • 株式会社水生活製作所

jaguchishop