肌に負担をかけないクレンジングの選び方|ナノバブルシャワーでやさしくメイク落とし

クレンジングは肌に必要な皮脂膜やセラミドまで落としてしまうことが問題だといわれています。しかし、メイクをせずに生活することは難しいです。そこで、マイクロナノバブルをクレンジングに取り入れてみてはいかがでしょうか?イオン効果によって皮脂やメイクなどの汚れを吸着するため、肌に負担をかけることなく汚れを洗うことができます。

クレンジングの「脱脂作用」が肌に負担をかける

化粧品はもともと油性です。油性でなければ、皮膚の上に留まることができないからです。そのため、クレンジング(化粧落とし)は油性の成分を落とすように作られています。

化粧品の油性成分を強く落とそうとすれば、保湿をしている皮脂膜や細胞間脂質のセラミドも一緒に落ちてしまいます。また必要以上に皮脂が落ちてしまうと、皮脂膜をエサにしている善玉菌が減少してしまいます。すると皮膚常在菌のバランスが崩れ、肌荒れの原因となります。

これはオイルクレンジングでも同じです。「油分を浮かせて取るから肌に優しい」というイメージがありますが、化粧品の油分にオイルクレンジングをなじませるときに、皮脂膜もセラミドも一緒に持っていかれてしまいます。

皮膚表面を保護するコーティングをクレンジングによって破壊してしまうと、刺激や乾燥が肌を直撃することになります。

ちなみに、「クレンジングは肌に悪いから、石鹸で落とせるコスメに変えよう!」は間違いです。石鹸は世間の印象よりもずっと洗浄力が高いです。肌に優しいどころか、乾燥肌や敏感肌の人は負担になります。石鹸を塗ってある程度こすれば、普通のファンデーションなら落とすことができる程度には、洗浄力が強いです。

ドライスキンの概念図

クレンジングの種類による肌負担の強さ

クレンジングの選び方は、「その日のメイクの濃さと、肌の状態に合わせる」ことがポイントです。軽いメイクであれば、クレンジング力の弱いミクレンジングルク等でも十分ですが、ウォータープルーフなどの落としにくいメイクの場合は、クレンジングオイルやクリームといった油分の多いクレンジング剤で落とした方が良いでしょう。

肌に優しいクレンジングを使っても、落ちないからといってゴシゴシこすったり、メイクが残ってしまったりすると、肌トラブルの原因になります。やさしくメイクとなじんで浮き上がらせ、洗い流す時もやさしく落とすことができるようなクレンジング剤を選びましょう。

おすすめは「油脂系オイル」を使用したクレンジング。人間の皮脂と類似のオイルのため、乾燥せず、肌負担が低いといわれています。乾燥肌や敏感肌の方も使用でき、しっかりめのメイクでも落とすことができます。

脂性肌の方は、クリーム系およびオイル系のクレンジングを使用する際は、W洗顔することをおすすめします。

クレンジング剤の種類による洗浄力と肌負担の図

クレンジング剤の種類とその特徴の一覧表

ナノバブルシャワーヘッドを使って肌への負担を減らす

メイクやクレンジングは肌に負担をかけるとわかっていても、化粧を全くせずに生活するのはなかなか難しいですよね。そこで、クレンジングの際はマイクロナノバブルが発生するシャワーヘッドを併用することをおすすめします。

マイクロナノバブルは、毛穴よりも小さい、超微細な気泡の総称です。マイクロナノバブルが毛穴の中まで入り込み、メイクを浮き上がらせてするんと落とします。

さらにマイクロナノバブルは、イオン効果によって皮脂やメイクなどの汚れを吸着します。マイクロナノバブルは、泡の膜がマイナス電荷の膜でできています。 皮脂やメイクなどの脂汚れはプラスイオンを帯電しているため、マイナスの電荷に引き寄せられます。そのため、肌に負担をかけることなく汚れを吸着し、しっかり洗うことができます。 

▽動画で汚れ落ちを確認していただけます。(1:30くらいから)


バブリーミスティ2.0の説明

MIZSEI 節水シャワー バブリーミスティシャワー2.0 ReNewal!
マイクロナノバブル
シャワー水流で約9,300万個/cc / ミスト水流で約1.5億個/cc
節水
ストップボタン付きのバブリーミスティシャワー2.0は節湯率30%!
安価提供
デザインから販売まで水生活製作所で制作している、純日本製。お客様に少しでも安く良質なものを提供するため、広告を多用しておりません。皆様に愛用して頂き、口コミで広めて頂けましたら幸いです。
デザイン・製造
水生活製作所
販売
MIZSEI SHOP

MIZSEI SHOP専属サービス
miscellaneous_services 開発部による テクニカルサポート (9:30-17:00)
株式会社水生活製作所 開発部 広報課 電話番号: 0581-23-0570(平日9:30~17:00) メールアドレス: information@mizsei.co.jp

 

<参考文献>

かずのすけ、白野 実『美肌成分辞典』 主婦の友インフォス 2019年
かずのすけ『オトナ女子のための美容化学 しない美容』 ワニブックス 2018年
菊池 新『皮膚・肌の悩みは「原因療法」で治せます』 さくら舎 2018年